ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

エッセイ

【クスっと笑える】97.「村上ラヂオ3 サラダ好きのライオン」著:村上春樹

投稿日:1月 27, 2018 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]

こんばんわ、トーコです。

今日は村上春樹の「村上ラヂオ3 サラダ好きのライオン」です。

村上ラヂオ3: サラダ好きのライオン (新潮文庫)

 

■あらすじ

このエッセイは、雑誌「anan」に連載されていたエッセイをまとめて収録したものです。

村上春樹の頭の中が少し垣間見え、その中はとてもユーモアにあふれています。

雑誌のエッセイにしてはかなり高いクオリティです。

 

■作品を読んで

雑誌の連載だっただけあって結構短く、とても読みやすいです。

村上春樹って一体どんな人なのとか、なんであんなに世界中でウケる本を書けるんだろう、という著者のイメージ的な疑問も解決できそうです。

というのも、けっこうユーモアあふれる発明がすごい。

例えば「新宿駅装置」。何かというと、新宿駅に行って構内アナウンスを録音して、そのテープを電話のそばに置いておく。

しつこい電話がかかってくるときにラジカセのスイッチを入れて、録音した駅のアナウンスが流れ、さりげなく「今新宿駅で、すぐに電車に乗らなくちゃならないんです。切ります。ごめんなさい。」と言って電話を切る。

電話かける方もびっくりです。家にかけているはずなのになぜ駅のアナウンスが聞こえるんだ?と首をかしげることでしょう。

著者いわく、これ結構効果があるみたいです。

なんせ、驚いている最中に「電車に乗るんで、切ります」と言われるのです。頭が混乱している間に通話終了。

ユーモアありますが、それ以前に実用性に優れすぎです。

また、「2番じゃだめなのか?」というエッセイでは、某女性議員がスーパーコンピューターの予算が莫大なので削減するためにに「2番じゃダメなんですか?」と質問したという話から考えたことをまとめている。

著者が思うに、2番手でいるというのは実は難しい。

そもそも2番手ってその順位を取りたくてそこにいる場合ばかりではないと思います。

たいてい1番になれなくてそこにいるんだと思うのです。これで2番でいいなんて言った暁には、守り一辺倒になり、いつの間にか3番手、4番手になる可能性だってあります。

また、向かい風に立ち向かうこともあるかもしれません。そんな時は2番じゃダメなんですか、という質問に答えている暇はありません。

なんというか、これはトーコの抱いていたイメージですが、村上春樹ってこんなことを考えているんですね。なんか向かい風だろうと何だろうと涼しい顔しているイメージがあるので、かなり意外だなと思いました。

でも、2番手でいるって本当に難しいことです。トーコもそう思います。

著者がそう思っているのは本当に意外ですが、激しく同意です。

 

■最後に

このエッセイは本当にクオリティが高いです。

村上春樹の頭の中が少しわかりそうな気がしました。

短く、とても読みやすい本です。

 

Pocket
[`evernote` not found]

-エッセイ

執筆者:


comment

関連記事

【年を取ること】304.『私がオバさんになったよ』著:ジェーン・スー

こんばんわ、トーコです。 今日は、ジェーン・スーの『私がオバさんになったよ』です。 私がオバさんになったよ   ■あらすじ 著者が過去に対談した相手を中心にテーマを設けずに改めて対談していま …

【美しく生きる】348.『結局、丁寧な暮らしが美人をつくる。』著:松本千登世

こんばんわ、トーコです。 今日は、松本千登世の『結局、丁寧な暮らしが美人をつくる。』です。 結局、丁寧な暮らしが美人をつくる。 今日も「綺麗」を、ひとつ。   ■あらすじ 美人は一体どうやっ …

no image

【食い倒れ日記】126.「フーテンのマハ」著:原田マハ

こんばんわ、トーコです。 今日は、原田マハの「フーテンのマハ」です。 フーテンのマハ (集英社文庫 は 44-3)   ■あらすじ 著者はとにかく旅が好き。グルメ旅、陶器、絵画、さらには取材 …

【文豪の意外な姿】127.『グッド・バイ』著:太宰治

こんばんわ、トーコです。 今日は、太宰治の『グッド・バイ』です。 グッド・バイ (新潮文庫)   ■あらすじ この作品が書かれた時期は、戦中から戦後の世の中全体が変わっていく過渡期に書かれた …

no image

【抱腹絶倒笑いが止まらない本】37.『シモネッタのどこまでいっても男と女』著:田丸公美子

こんばんわ、トーコです。 今日は田丸公美子の『シモネッタのどこまでいっても男と女』です。 シモネッタのどこまでいっても男と女 (講談社文庫)   ■あらすじ 著者はこの世界ではけっこう有名な …