ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

新書 経済

【お金って何だ】170.『「通貨」の正体』著:浜矩子

投稿日:5月 26, 2019 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]

こんばんわ、トーコです。

今日は、浜矩子の『「通貨」の正体』です。

「通貨」の正体 (集英社新書)

 

■あらすじ

突然ですが、「通貨」っていったい一言でいえば何なのでしょう。

通貨自体は人類誕生の早い段階から存在していました。

今では通貨=コインではなく、キャシュレスなど様々な形態となっています。

そんな時代に著者は通貨をどんなものとしてみるのでしょうか。

 

■作品を読んで

通貨をテーマにするというのは、よくある話です。

ただ、通貨というテーマはものすごく奥が深いもの。なぜなら、トーコが思うに通貨って歴史が意外とあるから。

お金そのものが当たり前のように存在しているから意識しないと思いますが、大昔は塩が通貨だった時代だってありました。

それにしても、この著者テレビでよく見る人なのでどんな語り口で書くのだろうと、気にはなっていましたが、なかなか歯切れの良い語りをする人みたいです。

江戸時代にかなり粗悪な貨幣を出していたのですが、その金属の含有量の少ない貨幣を「タコなしのたこ焼き」とたとえていたのには爆笑しました。

まさに得てして妙。その通りすぎて爆笑。

しかも、お奉行様は「幕府がカネといえば金なんだ」ということまでわかっている。

人々はお金の形をしているものをお金とみているので、金属含有量の少ないお金だって、形価値を認知しているから、幕府がこれはお金といえば大丈夫、ということ。

今の政治家よりも賢いかも…。

それから、ドル、ユーロ、人民元、SDR、仮想通貨、円といった通貨の概要を解説していきます。

仮想通貨の呼び方も「仮装通貨」になっています。通貨のマネをしているもの。

著者曰く、通貨は基本的には仮想なものなので、違和感があるのだとか。

仮想なものというのは、お奉行様の理論「カネといえば金なんだ」というところより。

ただ、今の仮装通貨は投機的な面で騒がれているので、今の通貨とはまた違うものがあるかもしれません。

ですが、今後通貨を電子化する流れが加速します。そこで、今の仮装通貨が本物のお金のように扱っていくような仕組みや法がどんどん整備されていくことでしょう。

そうなると、知らない間に通貨がいつのまにか電子化されて、怖い怖いと言っていた仮装通貨がホンモノのお金になる日が来るかもしれません。

仮装通貨がホンモノのお金になる世の中って、いったいどんな世界になるのでしょうかね。若干楽しみだな。

あまり聞かないかもしれないですが、SDRというIMFの「特別引き出し権」があります。

ちなみにですが、IMFは国際通貨基金のことです。

これも、簡単にたとえると仮装通貨に近いものですが、時代のはざまでふわふわした存在としてつかみどころのない存在としているようです。

通貨を巡る旅もなかなか濃いものだな、とつくづく思います。

 

■最後に

テーマ的に難しいかもしれませんが、著者のたとえや語り口のテンポがなかなかいい本です。

通貨という単純そうで奥の深いテーマを題材にした本です。

なかなか深みにハマってみるとかなり楽しいです。奥の深い世界が広がっています。

 

Pocket
[`evernote` not found]

-新書, 経済

執筆者:


comment

関連記事

【美術の本質】334.『美術の力』著:宮下規久朗

こんばんわ、トーコです。 今日は、宮下規久朗の『美術の力』です。 美術の力~表現の原点を辿る~ (光文です。)   ■あらすじ 初めてイスラエルに旅から津軽の供養人形まで。 あるべき場所で輝 …

no image

【知識を得る本】34.「沈みゆく大国アメリカ」著:堤未果

こんばんわ、トーコです。 今日は堤未果の「沈みゆく大国アメリカ」です。 沈みゆく大国アメリカ (集英社新書) – ■あらすじ オバマ前大統領の鳴り物入りの政策だった「オバマケア」。 この法 …

【知っているようで知らない】351.『新聞の読み方』著:池上彰

こんばんわ、トーコです。 今日は、池上彰の『新聞の読み方』です。 考える力と情報力が身につく 新聞の読み方   ■あらすじ 突然ですが、新聞ってどう読んでいますか。最近はほとんどの人が新聞を …

【現実の日本】330.『私たちはなぜこんなに貧しくなったのか』著:荻原博子

こんばんわ、トーコです。 今日は、荻原博子の『私たちはなぜこんなに貧しくなったのか』です。 私たちはなぜこんなに貧しくなったのか (文春e-book)   ■あらすじ すでにご存知の方も多い …

【環境について】374.『環境アセスメントとは何か』著:原科幸彦

こんばんわ、トーコです。 今日は、原科幸彦の『環境アセスメントとは何か』です。     ■あらすじ 突然ですが、環境アセスメントと言われて何と答えますか。よくわからないと思います。 法ができ …