ある読書好きの女子が綴るブック記録

このサイトは年間100冊の本を読む本の虫の女子がこれから読書をしたい人向けに役に立つ情報を提供できればなと思い、発信しているブログです。

エッセイ 人生 文庫本 自叙伝

【お仕事自伝】11.『トットチャンネル』 著:黒柳徹子

投稿日:4月 6, 2017 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]

こんばんは、トーコです。

今日は黒柳徹子の「トットチャンネル」です。

新版 トットチャンネル (新潮文庫)

■あらすじ

いいお母さんになりたいと思い、NHK専属テレビ女優になる若き日の徹子さん。

しかしテレビ放送が始まったばかりの時代、今となっては考えられないような事件がたくさんあります。

たくさんの失敗をして少しずつ女優の道を歩みます。

そんな徹子さんの若き日を綴っています。

■作品を読んで

テレビ草創期の様々なハプニングについて書かれている章ははっきり言って爆笑です。

面白すぎるし、嘘でしょってつぶやきたくなります。

しかも、今となっては信じられない話ですが、録画テープが高価だったためか、テレビ草創期のテープは確かほとんど残っていないのでこのエピソードは本当に貴重です。

また、テレビに映っている姿とは裏腹に、徹子さんもかなり苦労していたんだなと読んでいて思います。

例えば、自分がほとんどの人に、ダメだいわれ続けてる中で、徹子さんの姿を見て当時スターだった人を作家に転向させてしまったそうです。

自分に自信がない中その方がいるスタジオに通っていたのに、徹子さんの才能を認め、キラキラ輝いていたと言ってくれたそうです。

そんな瞬間があったらすごいし、徹子さんもこの事実を知って幸福なことだと思ったそうです。

おそらくですが、そう言ってくれた人がいるから、今もこうして私たちはテレビで徹子さんを見ることができるのでしょうね。

 

■最後に

この作品は笑いあり、お仕事小説要素あり、テレビ草創期の出来事を書いた希少価値の高さなどあります。

読み終わるとすごく元気が出ます。仕事で悩んでいるときにいいかもしれません。

 

Pocket
[`evernote` not found]

-エッセイ, 人生, 文庫本, , 自叙伝

執筆者:


comment

関連記事

【考えさせられる本】36.『ソロモンの偽証』著:宮部みゆき

こんばんわ、トーコです。 今日は、宮部みゆきの『ソロモンの偽証』です。 ソロモンの偽証 全6巻 新潮文庫セット [文庫] [Jan 01, 2014] 宮部 みゆき [文庫] [Jan 01, 201 …

【ニューノーマル】268.「パンデミック後、新しい世界が始まる」著:ジャック・アタリ

こんばんは、トーコです。 今日は、ジャック・アタリの「パンデミック後、新しい世界が始まる」です。 命の経済――パンデミック後、新しい世界が始まる   ■あらすじ 著者は、この作品をロックダウ …

【在りし日の世界】201.『椿の海の記』著:石牟礼道子

こんばんわ、トーコです。 今日は、石牟礼道子の『椿の海の記』です。 椿の海の記 (河出文庫)   ■あらすじ 4歳のみっちん(著者のこと)は、自分の目の前の日常を見ている。 心がおかしくなっ …

【読書記録】311.『野蛮な読書』著:平松洋子

こんばんわ、トーコです。 今日は、平松洋子の『野蛮な読書』です。 野蛮な読書 (集英社文庫)   ■あらすじ 様々な場所、様々な出来事から結びつく本の記憶。そこからさらに様々な作品につながっ …

【幻の詩集】132.『主よ一羽の鳩のために』著:須賀敦子

こんにちは、トーコです。 今日は、須賀敦子の『主よ一羽の鳩のために』という詩集です。 主よ 一羽の鳩のために 須賀敦子詩集   ■あらすじ 著者の死後発見された詩作の原稿。これがもとにこの作 …